出典

更新しました

ソースは、サービスからのデータのソースを表します。たとえば、iCloudアカウントはiCloudサービスのソースです。

ソースには、親ソースの特定の部分のみを公開する子ソースを含めることができます。この例は、iCloudバックアップの子ソースです。これは、データのリクエストでターゲットにされると、その特定のバックアップから取得されたデータのみを返します。

属性

タイプ説明
id ソースID リソース識別子
resource 文字列、常にsource リソースタイプ指定子
user ユーザーID このソースに関連付けられているユーザー。
type ひもバッキングサービスに依存します 。たとえば、iCloudにはicloud_account ソースタイプがあります。
identifier ひもバッキングサービスの範囲内にあるソースの一意の識別子。
parent オプション、ソースID ソースが他の子である場合は設定されます。
children オプション、ソースリソースのリスト ソースの任意のサブソース。
state ひも unvalidatedactivedeactivatedblockedlockedです。
date_created 日付時刻リソースが作成されたとき

タイプ

現在サポートされているタイプは次のとおりです。

  • icloud.account 、iCloudサービスの主要ソース。
  • icloud.backup 、の子ソースicloud.account
  • rirelay.instance 、rirelayサービスのプライマリソース。 Reincubate Relayアプリケーションのインスタンスに対応します。
  • rirelay.source 、の子ソースrirelay.instance 。親Reincubate Relayアプリがアクセスできるデバイスに対応します。

識別子

ソースのidentifier属性の値は、サービス内で一意にidentifierます。 iCloudアカウントの場合、これはユーザー名になります。 Reincubate Relayアプリインスタンスの場合は、インスタンスIDになります。

ソースが子ソースの場合、このフィールドはその親ソースオブジェクトを指します。この階層のトップソースはプライマリソースと呼ばれます。

子ソースはAPIを介して直接作成することはできませんが、適切なポーリングが作成されるとAPIによって自動的に作成されます。たとえば、セッションがicloud.accountソースに対して初期化されると、アカウントにリンクされている既存のiCloudバックアップに関する情報を含む、アカウントに関する情報を取得するinfoタイプPollを作成し、それらに対応する子ソースを作成できます。子ソースは、個別の投票を介してデータを取得するために直接ターゲットにすることができます。

unvalidated
このソースに対してセッションが正常に作成されたことがないため、APIはそれが有効なソースかどうかを判断できません。
active
ソースは検証済みであり、使用可能です。
deactivated
ソースへのアクセスは所有組織によって禁止されています。
blocked
ソースへのアクセスはAPI管理者によって禁止されています。
locked
ソースへのアクセスは一時的に外部サービスによって制限されています。

GET /sources/{source ID}取得しGET /sources/{source ID}

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/sources/<source ID> \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>'

ricloud-pyを使う

import ricloud

source = ricloud.Source.create(<source ID>)

GET /sources一覧表示する

タイプ説明
organisation スーパー、組織ID API管理者が組織でフィルタリングするためのものです。
user ユーザーID 関連付けられたユーザーでフィルタします。
type ひもソースタイプでフィルタします。
identifier ひもソース識別子でフィルタします。
state ひもソースの状態でフィルタします。
date_created 日時フィルターリソース作成日でフィルタします。

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/sources \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>'

ricloud-pyを使う

import ricloud

sources = ricloud.Source.list()

POST /sources/{source ID}更新します

タイプ説明
state ひもソース状態を更新します。

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/sources/<source ID> \
  -X POST \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -d '{
  "state": "deactivated"
}'

ricloud-pyを使う

import ricloud

source = ricloud.Source.update_with_id(<source ID>, state='deactivated')

# OR

source = ricloud.Source.retrieve(<source ID>)

source.update(state='deactivated')

どのように我々は助けることができます?

サポートチームがお手伝いします!

営業時間は月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(GMT)です。 時間は現在 5:33 PM GMTです。

1営業日以内に、お返事を差し上げます。メールアドレスはこちら。

サポートセクションに移動 › エンタープライズチームに連絡する ›
私たちの素晴らしいサポートチーム

© 2008 - 2019 Reincubate Ltd. 無断複写・転載を禁じます。 イングランドとウェールズに登録 #5189175, VAT GB151788978. Reincubate®は登録商標です。 プライバシーと利用規約. マルチファクタ認証をお勧めします。 ロンドンで愛と建てられた。