セッション

更新しました

セッションオブジェクトは、特定のソースへのアクセスを表します。

APIがターゲットソースのサービスとのアクセスを確認できるまで、セッションは常に保留状態で作成されます。

ターゲットソースのサービスがアクセスを取り消すと、セッションは期限切れ状態に移行します。

セッションはクライアントが更新できません。

属性

タイプ説明
id ひもリソース識別子
resource 文字列、常にsession リソースタイプ識別子。
organisation 組織ID セッションが関連付けられている組織。
key キーID このリソースに関連付けられているキー。
user ユーザーID セッションが関連付けられているユーザー。
source ネストされたソースセッションが関連付けられているソースインスタンス。
state ひも pendingactivefailedexpired
error ひもセッションが期限切れになった理由を示すコード。
date_created 日付時刻リソースが作成されたとき
date_expired 日付時刻リソースが期限切れになったとき。

pending
セッションはまだ初期化中です。
active
セッションをタスクの送信に使用する準備が整いました。
failed
セッションの初期化に失敗しました。
expired
セッションは無効になりました。

エラー

セッションには、初期化エラーと有効期限エラーという2種類のエラーがあります。

セッション初期化エラーは通常、不適切なユーザー名またはパスワード、2FA認証の必要性、またはその他の理由でサービスへのアクセス拒否が原因で発生します。これらのエラーにはinit_failedエラータイプがあります。

ほとんどのセッションは最終的に期限切れになります。より多くのセッション存続期間の詳細はサービス特有のドキュメントで見つけることができます。ただし、セッションの有効期限にはさまざまなトリガーがあります。

service
サードパーティのサービスがセッションを無効にしました。これは通常、サードパーティサービス内のセッションタイムアウトが原因です(つまり、セッションは24時間しか持続できません)。ただし、これは既存のセッションを無効にすることが多いため、情報源の所有者が資格情報を変更したことによっても発生する可能性があります。
api
APIは非アクティブセッションを定期的に無効にします。
organisation
組織が、おそらくエンドユーザーに代わってセッションを無効にしました。
admin
API管理者がセッションを無効にしました。

POST /sessions作成する

パラメーター

タイプ説明
source 必須このセッションが関連付けられるソース。内容はソース作成スキーマに従うべきです。
payload 必須セッション初期化ペイロード。必要なコンテンツは、ソースが属するサービスによって異なります。

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/sessions \
  -X POST \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -d '{
    "source": {
      "user": 1,
      "type": "icloud.account",
      "identifier": "john.appleseed@reincubate.com"
    },
    "payload": {
      "password": "1234"
    }
}'

ricloud-pyを使う

import ricloud

source = {
  'user': 1,
  'type': 'icloud.account',
  'identifier': 'john.appleseed@reincubate.com',
}

payload = {
  'password': '1234',
}

session = ricloud.Session.create(source=source, payload=payload)

GET /sessions/{session ID}取得しGET /sessions/{session ID}

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/sessions/<session ID> \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>'

ricloud-pyを使う

import ricloud

session = ricloud.Session.retrieve(<session ID>)

リスト

GET /sessions

タイプ説明
key キーIDフィルターキーIDでフィルタリングします。
user ユーザーIDフィルターユーザーIDでフィルタリングします。
source ソースIDフィルタソースIDでフィルタリングします。
state 文字列フィルタセッション状態でフィルタリングします。
date_created 日時フィルターセッションが作成されたときにフィルタします。
date_expired 日時フィルターセッションが期限切れになったときにフィルタをかけます。

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/sessions \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>'

ricloud-pyを使う

import ricloud

sessions = ricloud.Session.list()

削除DELETE /sessions/{session ID}

このインタラクションはセッションを期限切れにし、APIに関連付けられているキャッシュデータをすべて削除します。実際のセッションリソースインスタンスはレコードに対して永続化されます。

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/sessions/<session ID> \
  -X DELETE \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>'

ricloud-pyを使う

import ricloud

session = ricloud.Session.delete_with_id(<session ID>)

# OR

session = ricloud.Session.retrieve(<session ID>)

session.delete()

どのように我々は助けることができます?

サポートチームがお手伝いします!

営業時間は月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(GMT)です。 時間は現在 2:48 AM GMTです。

1営業日以内に、お返事を差し上げます。メールアドレスはこちら。

サポートセクションに移動 › エンタープライズチームに連絡する ›
私たちの素晴らしいサポートチーム

© 2008 - 2019 Reincubate Ltd. 無断複写・転載を禁じます。 イングランドとウェールズに登録 #5189175, VAT GB151788978. Reincubate®は登録商標です。 プライバシーと利用規約. マルチファクタ認証をお勧めします。 ロンドンで愛と建てられた。