変更ログ

更新しました
Cover image for: 変更ログ

2020-03-12

  • リレーサービスサブスクリプションのデフォルトのサブスクリプション間隔を変更する機能を追加します。以前は、リレーサブスクリプションはプッシュベースであるため、すべてのサブスクリプションの間隔は24時間に設定されていました。これは、Reincubate Relayアプリケーションが更新されたデータをデバイスに要求するように指示される間隔であるため、ポーリングがトリガーされるためには、この時間間隔内にデバイスが接続されている必要があります。現在、デフォルトの間隔は24時間です。rirelay.sourceソース、最小間隔は1時間。
  • リレーサービスのプログレッシブポーリングメカニズムを改善します。これにより、後続の投票結果で公開される重複データの量を最小限に抑えることができます。
  • 特定のリソースのリストアイテムの順序に関する問題を修正します。

2020-02-27

  • 署名付きURLのサポートを追加します。これにより、ストレージ構成オブジェクトにsigned_urls_enabledおよびsigned_urls_expiry追加され、結果の署名付きURLの生成と、署名付きURLがアクティブである必要のある期間が切り替えられます。
  • signed_url属性を結果オブジェクトに追加します。これは、 url属性に署名されたurlが含まれ、それがdate_expiresで期限切れになるときのネストされた辞書です。
  • 新しいPOST /results/ackエンドポイントを使用して、結果をバッチで確認する機能を追加します。
  • 追加のfirst_namelast_name 、およびfull_nameのルートにinfo_type:icloud.account
  • S3ストレージ構成のパスプレフィックスのバグを修正します。
  • プロキシ割り当てメカニズムの更新を移植します。これにより、利用可能な空のプロキシにiCloudアカウントが割り当てられるため、割り当て効率が向上します。
  • Reincubate Relayサービスのサブスクリプションの削除に関する問題を修正します。

2020-02-20

  • APIバージョンは、次の2つの方法のいずれかで指定できるようになりました。

    • 組織オブジェクトのapi_version属性を介して。
    • リクエストにRicloud-Versionヘッダーを含める。

    これは、APIの最初の大きな変更と一致しています。既存の組織はすべて、デフォルトで古いバージョンのAPIを使用します。

  • Majorポーリングオブジェクトのresults属性は、単純なリスト属性ではなく、ネストされたリストオブジェクトになりました。これにより、投票が多数の結果を公開するときに、結果にページ番号を付けることができます。

今:

{
    "id": <poll ID>,
    "resource": "poll",
    ...
    "results": {
        "data": [{
            "resource": "result",
            ...
        }],
        "has_more": False,
        "total_count": 1,
        "url": "/polls/<poll ID>/results"
    },
    ...
}

前:

{
    "id": <poll ID>,
    "resource": "poll",
    ...
    "results": [{
        "resource": "result",
        ...
    }],
    ...
}
  • Majorタスクオブジェクトのresults属性は、単純なリスト属性ではなく、ネストされたリストオブジェクトになりました。
  • Majorソースオブジェクトのchildren属性は、単純なリスト属性ではなく、ネストされたリストオブジェクトになりました。
  • Major組織オブジェクトのstorage_configsおよびwebhook_configs属性が、単純なリスト属性ではなく、ネストされたリストオブジェクトになりました。

2019-10-16

  • Reincubate Relayサービスを追加します。これにより、ユーザーのマシンで実行されているReincubate Relayアプリからデータを取得できます。これにより、 rirelay.instancerirelay.source 2つの新しいソースタイプが追加されます。
  • 定期的およびスケジュールされたポーリングパターンを制御するサブスクリプションオブジェクトを追加します。
  • subscriptionによってポーリングがトリガーされたかどうかを示すために、 subscription属性をポーリングオブジェクトに追加します。
  • タスクオブジェクトのstate属性の値をsuspendedすることができます。これは、APIがタスクを再開して完了するために、ファイルのアップロードやメタデータの更新など、Reincubate Relayアプリケーションによるアクションの完了を待機していることを示しています。

2019-06-01

  • ポーリングオブジェクトのpayload属性は、複数の操作タイプで構成できるようになりました。これは、ペイロードのinfo-typesdata-types 、およびfilesまたはすべてを使用してポーリングを作成できることを意味しfiles
  • Major構成可能なポーリングペイロードのために、pollオブジェクトのtype属性は非推奨になりました。

2018-01-07

Reincubate Cloud API v3の初回リリース。

どのように我々は助けることができます?

サポートチームがお手伝いします!

営業時間は月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(GMT)です。 時間は現在 11:43 AM GMTです。

1営業日以内に、お返事を差し上げます。メールアドレスはこちら。

サポートセクションに移動 › エンタープライズチームに連絡する ›
私たちの素晴らしいサポートチーム

© 2008 - 2020 Reincubate Ltd. 無断複写・転載を禁じます。 イングランドとウェールズに登録 #5189175, VAT GB151788978. ReincubateおよびCamoは商標です。 個人情報保護方針 & 条項. マルチファクタ認証をお勧めします。 ロンドンで愛と建てられた。