結果

更新しました
Cover image for: 結果

結果は、ストレージバケットに公開されたデータまたはファイルのレコードです。それはその格納場所からこのデータを検索するのに必要な情報を含みます。

属性

タイプ説明
id 結果ID リソース識別子
resource 文字列、常にresult リソースタイプ指定子
organisation 組織ID このリソースに関連付けられている組織。
poll 投票ID 結果が関連付けられているポーリング。
task タスクID 結果が関連付けられているタスク。
identifier ひも公開データの内容の識別子。
url ひもこの結果が公開されたストレージ設定URL。
type オプションの文字列識別可能な場合、ファイルの種類。
checksum ひも保管データのmd5チェックサム。
size int 公開データのサイズ(バイト単位)。
signed_url オプションの辞書使用中のストレージ構成で有効になっている場合は、署名付きURLの詳細が入力されます。
state ひも availableconsumedexpired
date_created 日付時刻リソースが作成されたとき
date_consumed 日付時刻結果が消費されたと認識されたとき。
date_deleted 日付時刻 APIによって結果が格納場所から削除されたとき。

署名付きURL

結果の公開に使用されるストレージ構成で署名付きURL生成が有効になっている場合、 signed_urlは次の形式の辞書に設定されます。

{
  "url": "<signed URL value here>",
  "date_expires": "2020-02-29T11:59:15.110451Z"
}

date_expires属性は、署名付きURLがいつ無効になるかを示します。この日付以降、結果のsigned_url属性はnullに設定されnull

署名付きURLの構成の詳細については、 ストレージ構成ドキュメントをご覧ください。

available
結果はバケットからダウンロードする準備ができています。
consumed
結果がダウンロードされ、APIに通知されました。
expired
結果は、スケジュールされたクリーンアップによってバケットから削除されました。この状態は、クライアント所有のバケットには適用されません。

GET /results/{result ID}取得してください

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/results/<result ID> \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>'

ricloud-pyを使う

import ricloud

results = ricloud.Result.retrieve(<result ID>)

リストGET /results

consumedまたはexpiredの状態の結果は、デフォルトではリストに表示されません。

パラメーター

タイプ説明
poll 投票ID 関連するポーリングでフィルタリングします。
task タスクID 関連タスクでフィルターします。
identifier ひも結果識別子でフィルタリングします。
checksum ひも結果チェックサムでフィルタリングします。
state ひも結果の状態でフィルタリングします。
date_created 日時フィルターリソースがいつ作成されたかによってフィルタします。
date_consumed 日時フィルター結果が消費済みとしてマークされたときにフィルターします。
date_deleted 日時フィルター結果が削除済みとしてマークされたときにフィルターします。

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/results \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>'

ricloud-pyを使う

import ricloud

results = ricloud.Result.list()

POST /results/{result ID}/ack

結果が消費されたことを確認します。

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/results/<result ID>/ack \
  -X POST \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>'

ricloud-pyを使う

import ricloud

result = ricloud.Result.acknowledge_with_id(<result ID>)

# OR

result = ricloud.Result.retrieve(<result ID>)

result.acknowledge()

POST /results/ackバッチ確認

結果のバッチが消費されたものとして認めます。

指定された結果のいずれかがすでに確認されているか、見つからない場合でも、エンドポイントはエラーを発生させません

名前タイプ解説
ids 結果IDのリスト確認する結果のIDのリスト。

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/results/ack \
  -X POST \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -d '{
  "ids": ["<result ID>", "<result ID>"]
}'

変更ログ

2020-02-27

  • signed_url属性を結果オブジェクトに追加します。これは、 url属性に署名されたurlが含まれ、それがdate_expiresで期限切れになるときのネストされた辞書です。
  • 新しいPOST /results/ackエンドポイントを使用して、結果をバッチで確認する機能を追加します。

どのように我々は助けることができます?

サポートチームがお手伝いします!

営業時間は月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(GMT)です。 時間は現在 2:24 AM GMTです。

1営業日以内に、お返事を差し上げます。メールアドレスはこちら。

サポートセクションに移動 › エンタープライズチームに連絡する ›
私たちの素晴らしいサポートチーム

© 2008 - 2020 Reincubate Ltd. 無断複写・転載を禁じます。 イングランドとウェールズに登録 #5189175, VAT GB151788978. Reincubate®は登録商標です。 個人情報保護方針 & 条項. マルチファクタ認証をお勧めします。 ロンドンで愛と建てられた。