イベント

更新しました

イベントリソースはあなたのwebhook受信者に送信されたリクエストのペイロードを記述します。 APIは以前に送信されたイベントの記録を保持しており、これは標準のリソースインターフェイスを介して照会できます。

APIは数時間のうちに最大5回まであなたのwebhook受信機にイベントを配信しようとします。

属性

タイプ説明
id ひもリソース識別子
resource 文字列、常にevent リソースタイプ識別子
type ひもこのイベントが関連するリソースの種類。ほとんどの場合、これはtaskになりtask
action ひもこのイベントの送信につながった、すなわちcompletedアクション。
data 入れ子のリソースイベントが関連付けられているリソースインスタンス。
state ひも pendingdeliveredfailedです。
retries int APIがイベントの配信を再試行した回数。
date_created 日付時刻リソースが作成されたとき
date_delivered 日付時刻イベントがWebhookレシーバーに配信されたとき。

タイプ

イベントタイプは、 pollsessionなど、イベントが関連するAPIリソースタイプを反映する傾向があります。

行動

イベントのaction属性は、 createdsucceededfailedなど、リソースに発生した変更を表します。

データ

データフィールドには、イベントに関連するリソース全体が含まれます。これにはネストされたリソース属性も含まれます。

pending
イベントはまだ配信中です。
delivered
イベントはWebhook受信者によって受信されました。
failed
イベントは再試行後に配信できませんでした。

GET /events/{event ID}取得しGET /events/{event ID}

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/events/<event ID> \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>'

ricloud-pyを使う

import ricloud

event = ricloud.Event.retrieve(<event ID>)

GET /events一覧表示する

タイプ説明
type ひもイベントタイプでフィルタします。
action ひもイベントアクションでフィルタリングします。
state ひもイベントの状態でフィルタします。
date_created 日時フィルターリソース作成日時でフィルタリングします。
date_delivered 日時フィルターイベント配信日時でフィルタリングします。

cURLを使う

curl https://ricloud-api.reincubate.com/events \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>'

ricloud-pyを使う

import ricloud

polls = ricloud.Event.list()

どのように我々は助けることができます?

サポートチームがお手伝いします!

営業時間は月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(GMT)です。 時間は現在 5:04 PM GMTです。

1営業日以内に、お返事を差し上げます。メールアドレスはこちら。

サポートセクションに移動 › エンタープライズチームに連絡する ›
私たちの素晴らしいサポートチーム

© 2008 - 2019 Reincubate Ltd. 無断複写・転載を禁じます。 イングランドとウェールズに登録 #5189175, VAT GB151788978. Reincubate®は登録商標です。 プライバシーと利用規約. マルチファクタ認証をお勧めします。 ロンドンで愛と建てられた。