asrelay(v2)を使ってデータを転送する

更新しました

asrelayは、WindowsとmacOSコンピュータが、 ricloud APIを通して消費のためにデータを中継するためのツールです。 asmasterを介してデータを効率的かつ安全にストリーミングできます。

より一般的なデータの中継には使用できますが、このツールはiOSデバイスとバックアップデータのサポートと密接に統合されています。 Wi-FiとUSBを介してiOSデバイスのバックアップを起動することができ、クライアントはiCloudとiTunesの両方のデータをasmasterで消費し、それらを透過的に切り替えることができます。

Reincubateは、2008年からデスクトップソフトウェアを製造してきました。そして、同社は、堅牢なアプリケーションを製造し、それらをWindowsとmacOSでサポートするための長年の経験を持っています。バイナリはリクエストに応じて利用可能です。

主な機能は次のとおりです。

カスタマイズ

  • クライアントが独自のものにするための完全なホワイトラベルおよびカスタマイズ機能。画像、テキスト、リンクはすべて上書きできます。

さまざまなプラットフォームと接続にわたる堅牢性

  • Reincubate独自のiPhone Backup Extractorテクノロジを活用して、iOS 12を含むすべてのiOSバージョンをサポートします。
  • WindowsとmacOSの両方で、通知システムとのネイティブ統合
  • Windows 7以降、およびmacOS 10.11以降のサポート。
  • ロバストな自動更新メカニズム
  • フットプリントが小さく(Windowsでは最大5 Mb)、外部からの依存はありません。

データの迅速な中継

ローカルに格納されたデータのリポジトリは大きく、頻繁に更新される可能性があるため、 リレーは非常にスケーラブルであることを保証するためにいくつかの手法を使用します。

  • 任意の時点で必要なものだけを中継するためのデータの選択的検査。
  • アップロード時間を短縮するためのsinceメカニズムを最大限に活用しています。
  • 地理的に近いサーバーの自動選択
  • リレーデータの再開可能アップロードのサポート。
  • 完全および部分的なバックアップ更新のスマート検出

セキュリティ

  • データリレーに対するクライアントアプリケーションの認証を単純化するための、フールプルーフな「ワンタイムコード」ペアリングプロセス。
  • 堅牢な権限システムにより、エンドユーザーはバックアップのサブセットへのアクセスを許可できます。
  • iTunesのすべてのバージョンの暗号化バックアップを完全サポート。
  • リレーバケットでの安全なAES-256暗号化。
  • クライアントが部分的に中継されたデータを消去する機能。

エンドユーザーの旅

エンドユーザーの視点から見ると、 asrelayを使用した彼らの旅はこのようになります。

  1. PCまたはMacが、USBまたはWi-Fi経由でiOSデバイスをバックアップするように設定されていることを確認してください。
  2. 白いラベルの付いたデスクトップソフトウェアをダウンロードする
  3. クライアントのサイトまたはアプリに提示するペアリングコードを入力してください
  4. 初めてバックアップにアクセスしたときにデスクトップのプロンプトに応答して権限を付与する

...全部できた。

API呼び出しを含む流れ

エンドユーザーはクライアントのサイトにログインし、自分のローカルバックアップからのデータを処理することを選択します。

このサイトでは、macOSやWindowsにネイティブの小さなダウンロードがユーザーに提示されます。

ユーザーはダウンロードしたプログラムを実行し、クライアントのブランドを示すプロンプトが表示されます。プロンプトで、クリックしてペアリングするようにユーザーに要求し、6桁のペアリングコードを提示します。ペアリングコードは(数分に)期限があり、使い捨てです。

ユーザーはそのペアリングコードをクライアントのサイトまたはアプリに入力します。

クライアントのサーバーはasmaster APIにいくつかの命令を発行します。ここに示すのはオープンソースクライアントラッパーの形式です。

$ # This first command uses the pairing code to subscribe to data from the end-user, using an identifier that the client chooses themselves
$ python -m ricloud --subscribe-account [end-user-identifier] [pairing-code] asrelay-itunes
{
  "account_id": 123456,
  "success": true
}

このコマンドが送信されると、APIはクライアントにアカウントIDを返し、エンドユーザーのコンピュータと通信してデバイスのバックアップ名の一覧を受け取ります。

クライアントは以下のコマンドを使用して、エンドユーザーから利用可能なバックアップのリストを取得します。これらのバックアップはクライアントのサイトでエンドユーザーに提示され、エンドユーザーは1つ以上の調査対象を選択します。

$ # This command is used to return a list of available backups to the client.
$ python -m ricloud --list-devices [account-id]
{
  "devices": [
    {
      "ios_version": "10.2",
      "name": "iPhone 7 Plus",
      "colour": "1",
      "device_name": "Johnny's iPhone",
      "latest-backup": "2017-01-31 22:06:06.000000",
      "model": "D111AP",
      "device_tag": "3d0d7e5fb2ce288813306e4d4636395e047a3d28",
      "serial": "ABC123BBBBBB",
      "device_id": 2
    }
  ],
  "success": true
}

中継がサーバーに送信する前にデバイスリストデータの要求が行われると、この応答が返されます。通常、これは最大で数秒かかります。

{
  "message": "Waiting for asrelay to upload the information necessary to complete this task.",
  "success": false,
  "error": "asmaster-awaiting-data"
}

デバイスのリストを使用すると、サーバーは次のコマンドを使用して購読を要求できます。

$ python -m ricloud  --subscribe-device  123456 2
{
  "success": true
}

これが行われれば、ユーザーは彼らのコンピュータでClient-name wants to access backup data from your device "Johnny's iPhone". Approve or deny?と言っているというプロンプトを受け取るでしょうClient-name wants to access backup data from your device "Johnny's iPhone". Approve or deny?プロンプトをクリックすると、エンドユーザーはアクセスを承認または拒否できます。バックアップがパスワードで保護されている場合、ユーザーはデスクトップにバックアップパスワードの入力を求められます。バックアップパスワードはアップロードされません。アクセスが許可された場合、データは自動的にそれらのaschannelエンドポイントを介して自動的にクライアントに流れます。

どのように我々は助けることができます?

サポートチームがお手伝いします!

営業時間は月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(GMT)です。 時間は現在 2:57 PM GMTです。

1営業日以内に、お返事を差し上げます。メールアドレスはこちら。

サポートセクションに移動 › エンタープライズチームに連絡する ›
私たちの素晴らしいサポートチーム

この記事を改善できますか?

ユーザーからの連絡をお待ちしています。電子メールを送信したり、コメントを残したり、ツイートしたりしないでください。 @reincubate?

© 2008 - 2019 Reincubate Ltd. 無断複写・転載を禁じます。 イングランドとウェールズに登録 #5189175, VAT GB151788978. Reincubate®は登録商標です。 プライバシーと利用規約. マルチファクタ認証をお勧めします。 ロンドンで愛と建てられた。