Hymn、JHymn、およびQTFairUseの歴史

更新しました
Cover image for: Hymn、JHymn、およびQTFairUseの歴史

Hymn(「HearYour Music aNywhere」の略)は、iTunesStoreから購入した音楽からFairPlayDRMを削除するためのアプリケーションでした。賛美歌はもう利用できませんが、このページはその物語を伝えるために存在します。最初から始めましょう。

HymnはもともとPlayFairとして知られており、 2004年4月5日にリリースされ、SourceForgeによってホストされていました。

PlayFairは匿名の作者によって作成され、DeCSSの作者である「DVD」のJon Lech Johansenによって作成され、2004年1月にリリースされたQTFairUseに大きく基づいています。 DVD Jonは、QTFairUseの技術をVideoLANのVLCに組み込み、5月までにPlayFairをVLCコードベースに統合しました。

PlayFairのREADMEは、リリース時に次のように述べています。

プレイフェアプログラムは非常に簡単です。 iTMSで保護されたAACオーディオファイルの1つを取得し、iPodまたはMicrosoft Windowsシステムから取得したキーを使用してデコードし、デコードされた新しいバージョンを通常のAACオーディオファイルとしてディスクに書き込みます。次に、オプションで、カバーアートを含む曲を説明するメタデータタグを新しいファイルにコピーします。

4月9日までに、Appleは、コピー防止の回避に反対するDMCAの苦情に基づいて、SourceForgeにファイルの削除を強制しました。数日後、インドの無料ソフトウェア開発コミュニティであるSarovar がPlayFairのホスティングを開始しましたが、彼らのインドのホスティングプロバイダーは、5月6日までにプロジェクトのホスティングを停止するようAppleに強いられました。

2004年5月、PlayFairプロジェクトはAnand Babuによって復活し、Hymnに名前が変更され、playfair.orgからhymn-project.orgに移動され、インドの自由ソフトウェア連盟の支援を受け0.6.0としてリリースされました。 BabuはPlayFairのバージョン管理を継続しましたが、アプリの多くを書き直して、 GPL以外の依存関係への依存を排除しました。リリースノートの説明:

0.6.0リリースはほぼ完全に書き直されています。 GPL以外の依存関係はなくなりました(mp4v2ライブラリはMPLであったため、GPLと互換性がありません)。実際、MPEG-4の解析は現在、自家製であり、はるかに具体的です。保護されたAACファイルからメタデータをコピーするためにmp4v2ライブラリを使用しなくなったため、曲を購入したユーザーのApple IDを含め、完全にそのまま残ります。これは、私たちの目的が「著作権侵害」ではなくフェアユースであり、法廷闘争に役立つはずであることを証明しています。

Hymnのリリースにより、プロジェクトは2008年までライブのままでした。バージョン0.6.26月17日にリリースされ、iTunes 4.6のサポートが追加0.7.0 は7月24日に登場しました。このリリースには、ユーザーが保護されていない音楽からAppleIDをさらに削除するオプションが含まれていました。プロジェクトの名前はHymnのままでしたが、開発はFutureProofのJHymnアプリケーションに移行し、プロジェクトを強化したJavaランタイムを参照して名前に「J」が追加されました。 (紛らわしいことに、HymnとJHymnの両方が同じバージョン番号のいくつかでリリースされ、Hymnは後でバージョン0.8.0になりましたが、JHymnのバージョンは2005年の初めまでにHymnを追い越しました。)

Hymnのホームページは、その作者の立場を明確にしました。

Hymnプロジェクトの目的は、著作権法に基づくフェアユースの権利を行使できるようにすることです。このWebサイトで提供されているさまざまなソフトウェアを使用すると、iTunes Music Storeで購入したもの(保護されたAAC / .m4p)をDRM制限から解放できます/音質を損なうことはありません/。これらの曲は、iTunesでサポートされていないオペレーティングシステムやAppleでサポートされていないハードウェアでも、iTunes環境の外部で再生できます。

なぜHymnProjectソフトウェアを使用するのですか?

  • iTunesで保護されたAACファイルを復号化して、Linuxなどの公式バージョンのiTunesが存在しないオペレーティングシステムで再生できるようにします。
  • AppleAAC非対応のハードウェアを使用して音楽を再生するため。
  • iTunesによって課せられた5台のコンピュータの制限を排除するため。
  • あなたの音楽のアーカイブバックアップを作成します。
  • iPod以外のポータブルオーディオプレーヤーで使用するために、保護されたAACからMP3、Ogg、またはその他のお気に入りのオーディオファイル形式に音楽を変換する最初のステップとして。
  • 著作権法に基づくフェアユースの原則に対するあなたの信念を示すため。

2008年2月、Appleは排除措置を申請し、最終的にプロジェクトは終了しました

皮肉なことに、スティーブ・ジョブズは2003年にローリングストーンズにDRMを却下し、次のように述べています。

あなたが話しているこのテクノロジーはどれも機能しません。ここには寒いことを知っている博士号があり、デジタルコンテンツを保護することは不可能だと信じています。

2007年、ジョブズはAppleサイトに公開書簡を書き、DRMに不満を持っている人々に、音楽業界にAppleに課したDRM要件を取り下げるよう説得するよう促した。

もちろん、問題は、世界中に多くの賢い人々がいて、そのような秘密を発見し、誰もが無料の(そして盗まれた)音楽を手に入れる方法を公開するのが大好きな人もいます。彼らはしばしばそれを行うことに成功しているので、DRMを使用してコンテンツを保護しようとする企業は、新しい秘密を頻繁に更新する必要があります。いたちごっこゲームです。 AppleのDRMシステムはFairPlayと呼ばれています。 FairPlayでいくつかの違反がありましたが、iTunesストアソフトウェア、iTunesジュークボックスソフトウェア、およびiPod自体のソフトウェアを更新することで問題を正常に修復することができました。これまでのところ、音楽会社が音楽を保護するというコミットメントを果たしており、合法的にダウンロードされた音楽について、業界で最も自由な使用権をユーザーに提供しています。

[…]

なぜ大手4社の音楽会社は、DRMシステムを使用せずにAppleや他の人に音楽を配布させることに同意するのでしょうか。最も簡単な答えは、DRMが音楽の著作権侵害を阻止するために機能しておらず、機能しない可能性があるためです。大手4社の音楽会社は、オンラインで販売されるすべての音楽をDRMで保護することを求めていますが、これらの同じ音楽会社は、完全に保護されていない音楽を含むCDを年間数十億枚販売し続けています。そのとおり! CD用にDRMシステムが開発されたことはないため、CDで配布されるすべての音楽は、インターネットに簡単にアップロードしてから、(違法に)ダウンロードして任意のコンピューターやプレーヤーで再生できます。

[…]

では、音楽会社が音楽の90%以上をDRMなしで販売している場合、DRMシステムに邪魔された残りのわずかな割合の音楽を販売することでどのようなメリットが得られるでしょうか。ないようです。どちらかといえば、DRMシステムの作成、運用、更新に必要な技術的専門知識とオーバーヘッドにより、DRMで保護された音楽を販売する参加者の数が制限されています。そのような要件が取り除かれた場合、音楽業界は革新的な新しい店舗やプレーヤーに投資することをいとわない新しい企業の流入を経験する可能性があります。これは、音楽会社だけがポジティブだと見なすことができます。 DRMシステムに関する懸念の多くは、ヨーロッパ諸国で発生しています。おそらく、現在の状況に不満を持っている人は、音楽会社にDRMフリーで音楽を販売するよう説得することにエネルギーを向けるべきです。ヨーロッパ人にとって、4大音楽会社の2.5社は彼らの裏庭にあります。最大のUniversalは、フランスの会社Vivendiが100%所有しています。 EMIは英国の会社であり、Sony BMGはドイツの会社であるBertelsmannが50%所有しています。アップルや他の人にDRMフリーで音楽のライセンスを供与するように説得することで、真に相互運用可能な音楽マーケットプレイスが生まれます。 Appleはこれを心から受け入れます。

どのように我々は助けることができます?

サポートチームがお手伝いします!

営業時間は月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(GMT)です。 時間は現在 9:51 AM GMTです。

1営業日以内に、お返事を差し上げます。メールアドレスはこちら。

私たちの素晴らしいサポートチーム

この記事を改善できますか?

ユーザーからの連絡をお待ちしています。電子メールを送信したり、コメントを残したり、ツイートしたりしないでください。 @reincubate?

© 2008 - 2021 Reincubate Ltd. 無断複写・転載を禁じます。 イングランドとウェールズに登録 #5189175, VAT GB151788978. Reincubate®およびCamo®は登録商標です。 個人情報保護方針 & 条項. ロンドンで愛と建てられた。