ソースファイル

更新しました

Relay サービスには、ポーリングのデータ抽出部分で使用されるソース ファイルを公開する機能が含まれています。たとえば、 ios_messages.messagesのポーリングは、iOS バックアップからsms.dbファイルを調べてメッセージ データを取得します。ソース ファイルを使用して、 sms.dbファイル自体が、抽出されたデータおよび関連する添付ファイルと共に返されます。

ソース ファイルの公開を有効にする

ソース ファイルの公開は、そのpoll_payload属性を介して、または組織全体またはキー レベルの構成を介して、サブスクリプションごとに有効にすることができます。すべて同じ構成キーを使用します: publish_source_files

ソース ファイルの公開を有効にしてサブスクリプションを作成する

curl https://ricloud-api.reincubate.com/subscriptions \
  -X POST \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -d '{
  "session": "<session ID>",
  "source": "<child source ID>",
  "poll_payload": {
    "data_types": ["ios_messages.messages"],
    "publish_source_files": true
  }
}'

組織レベルでのソース ファイルの公開の構成

curl https://ricloud-api.reincubate.com/organisation \
  -X POST \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -d '{
  "config": {
    "publish_source_files": true
  }
}'

上記には、組織の管理者キーが必要です。

キー レベルでのソース ファイルの公開の構成

curl https://ricloud-api.reincubate.com/key \
  -X POST \
  -H 'Authorization: Token <your key_token>' \
  -H 'Content-Type: application/json' \
  -d '{
  "config": {
    "publish_source_files": true
  }
}'

組織全体の構成は、キー レベルの構成によってオーバーライドできます。これは、ソース ファイルが本番環境でのみ使用される場合に役立ちます。同様に、どちらも poll ペイロード パラメーターでオーバーライドできます。これにより、ソース ファイルをケースバイケースで公開するかどうかを指定できます。

組織またはキー構成を介して機能を有効にすると、変更された動作が既存のサブスクリプションにさかのぼって適用されることに注意してください。

ソース ファイルの結果の操作

ソース ファイルの公開が有効になっている場合、API は、抽出プロセスの一部としてアクセスされたファイルを追跡し、それらをストレージ バケットに公開し、現在のポーリングに関連付けられた結果オブジェクトを作成します。

特定のデータ セットに関連するソース ファイルへの参照は、データ結果自体のmetadata属性に含まれます。例えば:

{
  "data": [{
    "id": "a1b2c3d4",
    "data_type": "message",
    "conversation_id": "w6x7y8z9",
    "handle": "Pal",
    "type": "SMS",
    "text": "Hi, how’s it going?",
    "attachments": [{
          "type": "image",
          "file_id": "a492be9a8dadabdc774286116232420224f14976",
          "file_path": "Library/SMS/Attachments/de/14/33A09D66-287E-4B64-A874-1A1234BD7E61/IMG_0006.PNG",
          "filename": "IMG_0006.PNG"
    }],
    "group_handles": [
      "Pal",
      "renate@reincubate.com"
    ],
    "from_me": false,
    "deleted": false,
    "date": "2020-01-01T00:00:00.000000Z"
  }],
  "metadata": {
    "count": 1,
    "filters": null,
    "source_files": [{
      "file_id": "3d0d7e5fb2ce288813306e4d4636395e047a3d28",
      "domain": "HomeDomain",
      "file_path": "Library/SMS/sms.db",
      "filename": "sms.db",
      "size": 123456,
      "date_last_modified": "2020-01-02T00:00:00.000000Z"
    }]
  }
}

添付ファイルの結果と同様に、ソース ファイル エントリのfile_idは、関連する結果のidentifier属性に対応します。したがって、これはストレージ バケットに書き込まれるファイルの名前でもあります。

どのように我々は助けることができます?

サポートチームがお手伝いします!

営業時間は月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(GMT)です。 時間は現在 2:16 PM GMTです。

1営業日以内に、お返事を差し上げます。メールアドレスはこちら。

私たちの素晴らしいサポートチーム

この記事を改善できますか?

ユーザーからの連絡をお待ちしています。電子メールを送信したり、コメントを残したり、ツイートしたりしないでください。 @reincubate?

© 2008 - 2024 Reincubate Ltd. 無断複写・転載を禁じます。 イングランドとウェールズに登録 #5189175, VAT GB151788978. Reincubate®およびCamo®は登録商標です。 個人情報保護方針 & 条項.