実社会でのスタートアップ:企業構造の選択

Andrew Dancy

によって Andrew Dancy

公開済み

更新しました

この記事を書く資格があるか見る

あなたがスタートアップの世界に関わり始めたばかりであるか、あるいはそうすることを考えているのなら、いくつかの形式や赤字を見たときにはそれは非常に困難です。それは関与することができます。

これはスタートアップビジネスを運営することの実用性のいくつかに集中するであろう多くの記事の最初のものです。取り上げるトピックには、ビジネスの立ち上げ、最初の従業員を雇う必要があるときの対処方法、おすすめのヒント、そして避けるべきことなどがあります。

これらの記事のアドバイスは主観的なものであり、個人的な経験に基づくものであることを忘れないでください。それは法的または経済的な助言ではなく、専門家からの確認なしに信頼されるべきではありません!とは言っても、アドバイスはすべて、Reincubateチームの実社会での経験に基づいており、一人のスタートアップからFTSE 100のグローバル企業まで、あらゆる規模の企業と協力してきました。

それで、さらに面倒なことなしに、最初のトピックに取り掛かりましょう。あなたは素晴らしいアイデアを思い付きました、そしてあなたはそれにひびを入れる準備ができています。あなたがしなければならない最初のことはあなたのビジネスのための法人を設立することです。

ここ英国でこれをすることができる2つの主な方法がある - 自営業者ベースでまたは有限会社として。他の業種(パートナーシップなど)も存在しますが、通常は関連性がありません。

自己雇用

自営業のルートはしばしば孤独な起業家のために始める最も簡単な方法です。唯一の正式な要件は、あなたが自営業の期間を開始したことをHMRCに通知し、それから各税年度末にあなたの納税申告書の自営業の部分を記入することを可能にするのに十分な記録を保持することです。

あなたは実際には別の銀行口座を持つ必要はありませんが(ビジネスの財務をあなたの個人的な財務から切り離すのは非常に良い考えですが)、それらが十分に正確である限りあなたは好きな方法で記録を保つことができます。各税年度末に総事業収支を計算することができる。

自営業のルートの主な欠点は、どんなビジネス取引にも無制限の個人的責任があるということです。言い換えれば、事業との債務や法的問題はあなた個人に対して追求することができます。さらに、自営業のビジネスには正式な構造がないため、スタッフを雇うことはできません(もちろん、請負業者やフリーランサーを使用することはできますが)。

このため、ほとんどすべてのスタートアップは、ある時点で有限会社として法人化する必要があります。そのため、多くのスタートアップは、自営業から有限会社に切り替える手間を省くために、最初から有限会社として始めることを選択します。会社。

有限会社

有限会社は、株式によって制限されている会社です。つまり、有限会社は会社の株主が所有する個別の法人です。各株主には「有限責任」があります。彼らが会社で保有している株式の価値を超える債務またはリスクにさらされることはあり得ないという点で - 彼らの個人資産は一般に危険にさらされていない(詐欺または他の犯罪行為の場合の重要な例外を除く)。

有限会社の設立は、自営業の登録よりも少し複雑です。会社の株式をどのように構成するのか、そして、会社が運営されています(会社の「記事」として知られています)。

さらに、会社が立ち上がって運営された後は、適切な会計記録を保持し、毎年年次口座を作成し、年次会社からの申告書を提出し、会社が利益を上げた場合は法人税を支払うなどさまざまな継続的要件があります。

しかし、最初から適切な手順とプロセスが整っていれば、これらは特に面倒な要件ではありません。高価な場合もありますが、これらの要件の多くを会計士や弁護士に外注することを選択する企業もあります。

どちらが私に最適ですか?

一般的に、私はスタートアップのための10のうち9回が最善の方法が限られた会社の選択肢になるだろうと言うでしょう。自営業が理にかなっている唯一のシナリオは、事業が数年間非常に小規模でしかないことが明らかである場合(おそらく、唯一の創設者が暇な時間にスタートアップに取り組んでいる場合)であり、有限会社を設立し維持するために費用対効果が高くない。

次回 - 有限会社を設立する方法。

著者について

Andrew Dancy co-founded Reincubate in 2008 and pioneered techniques with recovery of location data from iOS. He sits on the company's board, with a law-tech background and a particular interest in privacy and security.

バッキンガム宮殿の最高経営責任者

上の写真は、バッキンガム宮殿で開催されたReincubateのHM Queen ElizabethⅡのチームのメンバーです。 プライバシー、安全性およびセキュリティに関する私たちの立場を読んでください。

関連性のあるコンテンツ

この記事を改善できますか?

ユーザーからの連絡をお待ちしています。電子メールを送信したり、コメントを残したり、ツイートしたりしないでください。 @reincubate?

© 2008 - 2019 Reincubate Ltd. 無断複写・転載を禁じます。 Registered in England and Wales #5189175, VAT GB151788978. Reincubate® is a registered trademark. プライバシーと利用規約. マルチファクタ認証をお勧めします。 ロンドンで愛と建てられた。