認証とアクセス(v2)

更新しました

ricloud APIは2種類のトークンを扱います。

  • ricloud認証トークンは、 ricloudサービスを許可するためのアクセスを可能にするために使用されます。これは、 mOXINBsbDr7sWjRfxXwxtVfgjUreBG8yevdTFGAOjDMHuCWLDJvFr5uFpzYkQuoEような形式をmOXINBsbDr7sWjRfxXwxtVfgjUreBG8yevdTFGAOjDMHuCWLDJvFr5uFpzYkQuoEます。各クライアントは一連の権限に関連付けられているため、各クライアントは1つ以上のリッチクラウドトークンを使用してAPIに接続します。
  • サービス認証トークンこれらは、APIが連携している基盤となるクラウドサービスからのトークンです。たとえば、iCloudには独自のトークンがあります。

リッチクラウドトークンの取得

ricloudへの認証は、 Reincubateが提供するトークンを使用して実行されます。これはenterprise@reincubate.comに連絡することで取得できます。

リッチクラウドトークンを使用した認証

APIと通信するには、クライアントに有効なトークンが必要です。

各クライアントトークンは、 aschannelまたはasstoreからのコンテンツの取得用に設定されています。トークンが一方のエンドポイントに設定されていると、もう一方のエンドポイントからデータを取得することはできません。

成功したリクエストはHTTP 200レスポンスを返しHTTP 200

$ curl \
    -X GET \
    -H 'Authorization: Token <TOKEN>' \
    https://asapi.reincubate.com/account/ -D -
HTTP/1.0 200 OK
Content-Type: application/json
...

無効なトークンが指定された場合、またはそれが見つからない場合、クライアントはHTTP 401応答を受け取りHTTP 401

HTTP/1.0 401 Unauthorized
Content-Type: application/json
...

サービス認証トークン

一部のサービスには独自の種類の認証トークンがあります。そのようにして、再度ログインする必要なしに、アカウントセッションは再利用されるか、または再水和されることができます。その一例がicloudサービスです。

asmasterがこれを処理するため、 asmasterサービスを使用しているクライアントはサービス認証トークンに公開されません。 asapiを使用しているクライアントは、基盤となるサービスがサポートしているトークンにアクセスできます。常に、エンドユーザーの資格情報ではなく、存在する場所でこれらのトークンを使用することをお勧めします。

トークンの有効期間

サービス期間ノート
ricloud 不定アカウントチームによって交代できます。
icloud 〜数ヶ月 mmeAuthTokenとも呼ばれ、定期的に使用されていない場合は急速に期限切れになります。

どのように我々は助けることができます?

サポートチームがお手伝いします!

営業時間は月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(GMT)です。 時間は現在 4:04 PM GMTです。

1営業日以内に、お返事を差し上げます。メールアドレスはこちら。

サポートセクションに移動 › エンタープライズチームに連絡する ›
私たちの素晴らしいサポートチーム

© 2008 - 2019 Reincubate Ltd. 無断複写・転載を禁じます。 イングランドとウェールズに登録 #5189175, VAT GB151788978. Reincubate®は登録商標です。 プライバシーと利用規約. マルチファクタ認証をお勧めします。 ロンドンで愛と建てられた。