ディスクマウントでiPhoneのファイルにアクセスする方法

Aidan Fitzpatrick

By Aidan Fitzpatrick

更新しました

See how I'm qualified to write this article

オリジナルのiPodをマウントし、それにアクセスするのは簡単でした。USBドライブが好きです。それをiPhoneで行うことも可能ですが、使用したいデータの種類によって異なる方法があります。

この記事では、さまざまなアプローチについて説明します。それらについて以下に要約します。

技術利用可能なファイル必要条件
PTP 写真とビデオ WindowsとmacOSに内蔵
AFC 写真、ビデオ、そしていくつかのアプリ iTunes
FUSE(脱獄なし) 写真、ビデオ、そしていくつかのアプリ無料のFUSEクライアント
FUSE(脱獄あり) すべてのファイル脱獄、無料のFUSEクライアント
FilzaによるWebDAV すべてのファイル脱獄、無料WebDavクライアント
AFC2 すべてのファイル脱獄、AFC2プラグイン、AFC2クライアント
その他の 無し現代のiOSでは動作しません

PTP:写真、ビデオ、カメラのデータへのディスクマウントとしてのアクセス

それらがUSBを介して接続されている場合、iOSは自動的に最新のデバイスをカメラとして表示します。これは写真を前後にコピーすることを可能にするかなり限られたシステムである画像転送プロトコル (PTP)を使用します。あなたはおそらく写真が表示される傾向があるDCIMフォルダを認識するでしょう。

PTPにはいくつかの欠点があります。明らかに、カメラ以外からファイルにアクセスすることはできません。また、PTPはファイルやフォルダの名前変更や変更などの機能をサポートしていません。代わりに、変更を有効にするには削除してから再作成する必要があります。これは遅いです。

iTunesでAFCを介して写真やアプリのデータにアクセスする

Appleのナレッジベースには、 iTunesで初歩的なファイル共有を管理する方法についての記事があります。

FUSEを使ってUSB経由でアプリデータにアクセスする

FUSEは、システムに管理者レベルの変更を加えることなく、ユーザーがWindowsまたはMacコンピュータにドライブをマウントできるようにするシステムです。 FUSEは " userspace in filespace "の略で、ほとんどのプラットフォームでさまざまな形式で利用可能です。 FUSE自体は、デバイスやデータソースと直接通信するテクノロジではないという点で抽象化層です。通常、別の方法が使用されます。 iPhoneをドライブとしてマウントする場合、FUSEは別のプロトコル(SSH、AFC / AFC2、PTP、またはWebDAV)を使用してiPhoneと通信します。 Windowsでは一般的なDokanユーザーモードファイルシステムがよく使用され、macOSではosxfuseが一般的です。

ユーザーの観点から見ると、FUSEはデバイスのデータの表示方法を標準化しているので、マウントの元になっているプロトコルが問題になることは通常ありません。

macOSでFUSEマウントを使用する

macOSでそのアプローチと、デバイスをマウントする方法を説明しましょう。これが機能するためには、無料のHomebrewパッケージマネージャをインストールして、macOSターミナルの使い方に慣れておく必要があります。

まず最初に、あなたのデバイスのUDID見つけましょう。これは、無料版のiPhone Backup Extractorlsusbコマンド、またはioreg -p IOUSB -l -w 0 。デバイスが接続されている間にiPhone Backup Extractorを起動し、デバイスを選択して、「情報」タブを選択します。ハードウェア識別子にUDID表示されます。

Device data shown in iPhone Backup Extractor
iPhone Backup Extractorに表示されるデバイスデータ

次に、FUSE for macOSの準備をしましょう。

$ brew tap homebrew/cask
$ brew cask install osxfuse

==> Caveats
To install and/or use osxfuse you may need to enable their kernel extension in

  System Preferences → Security & Privacy → General

For more information refer to vendor documentation or the Apple Technical Note:

  https://developer.apple.com/library/content/technotes/tn2459/_index.html

You must reboot for the installation of osxfuse to take effect.

そして、 ifuseインストールしましょう。これはFUSEを通してiOSデバイスと通信できるコードです。

$ brew install ifuse

ifuseインストールすると、先ほど取得したUDIDを使ってiPhoneまたはiPadをマウントすることができます。

$ mkdir ~/iphone
$ ifuse ~/iphone --udid 000000000000000000000000

それはあなたのiPhoneをあなたのマシン上のディスクとしてマウントするでしょう。さらに進んでより多くのデータを掘り下げたいのであれば、このスーパーユーザー投稿はかなり便利で、同様にこの投稿はusbmuxdツールの使用をカバーしています

脱獄されたデバイス上でFUSEを使ってUSB経由でアプリデータにアクセスする

手順は上記とまったく同じです。デバイスが脱獄されると、すぐにデータが増えます。きちんと、え?

iOSのルートファイルアクセスにFilzaのWebDAVサーバーを使用する

ジェイルブレイクiOSデバイス上では、という名前のファイルマネージャアプリをインストールすることが可能ですFilzaを Cydiaの通過。 Filezaの設定では、 WebDAVサーバーモードを有効にすることができます。これは他のデバイスがiOSデバイスにアクセスするための非常に単純なインターフェースを提供しますが、それは非常に安全ではありません。 WebDAVはWebデータを扱うための非常に一般的なメカニズムであり、それにアクセスできる多くのクライアントがあります。Filzaに組み込まれているWebインターフェースを含みます。 Webブラウザを使ってデバイスに接続すると、インターフェイスが表示されます。簡単です。

AFC2を使用してUSB経由でiOSファイルにアクセスする

AFC2はCydiaからインストールすることができ、一度インストールされるとAFCクライアントがデバイス全体を閲覧できるようになります。

脱獄されたデバイス上のすべてのデータにアクセスするためのその他の手法

iOS 8がリリースされる前は、ジェイルブレイクされたデバイス用のCydiaプラグインがいくつかありました。 接続すると、iPhone はUSBスティックのように見えます。残念ながら、iOSの最新バージョンではサポートされなくなりました。

マウントされたiOSデバイスから削除されたファイルを回復する

あなたがあなたのiPhoneやiPadをドライブとしてマウントすることができるなら、あなたは脱獄されたデバイス上で直接ファイルシステムを操作することによって削除されたファイルを回復することができると思うかもしれません。残念ながら、ファイルシステムは暗号化されているため、iPhoneからこの方法でファイルを回復することはできません。たとえあなたがデータのビットを見つけることができたとしても、あなたはそれらを解読することができないでしょう。各ファイルには独自の暗号化キーがあり、それらのキーは削除時に破棄されます。

AppleのiOSセキュリティガイドは、これを17ページの「アーキテクチャの概要」で簡単に説明しています。

データパーティション上のファイルが作成されるたびに、Data Protectionは新しい256ビットキー(「ファイルごとの」キー)を作成し、それをハードウェアAESエンジンに渡します。 AES-XTSモードを使用してフラッシュメモリにA7、S2、またはS3 SoCを持つデバイスでは、AES-CBCが使用されます。初期化ベクトルは、ファイルごとのキーのSHA-1ハッシュで暗号化された、ファイルへのブロックオフセットを使用して計算されます。

マウントは、現存するファイルを取得するためにはうまく機能しますが、回復にはそれほど役に立ちません。そのためには、iTunesまたはiCloudのバックアップ、iCloudと同期したデータ、またはデータが削除される前のデバイスのフォレンジックイメージが必要です。

About the author

Aidan Fitzpatrick founded Reincubate in 2008 after building the world's first iPhone data recovery tool, iPhone Backup Extractor. He's spoken at Google on entrepreneurship, and is a graduate of the Entrepreneurs' Organisation's Leadership Academy.

Reincubate's CEO at Buckingham Palace

Pictured above are members of Reincubate’s team meeting HM Queen Elizabeth Ⅱ at Buckingham Palace, after being awarded the UK’s highest business award for our work with Apple technology. Read our position on privacy, safety and security.

Can we improve this article?

We love hearing from users: why not drop us an email, leave a comment, or tweet @reincubate?

どのように我々は助けることができます?

サポートチームがお手伝いします!

当社の営業時間は、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(UTC、協定世界時)です。

1営業日以内に、お返事を差し上げます。メールアドレスはこちら。

連絡する › 私たちの素晴らしいサポートチーム

© 2008 - 2019 Reincubate Ltd. 無断複写・転載を禁じます。 Registered in England and Wales #5189175, VAT GB151788978. Reincubate® is a registered trademark. プライバシーと利用規約. マルチファクタ認証をお勧めします。 ロンドンで愛と建てられた。