How to stop Reincubate Relay running twice on startup under macOS

Aidan Fitzpatrick

によって Aidan Fitzpatrick

更新しました

この記事を書く資格があるか見る

When they are first run, Reincubate Relay and its white-labels automatically configure themselves to run on start-up under macOS using a launch daemon. Launch daemons are not shown under System PreferencesUsers & GroupsLogin Items.

Consequently, if you see Reincubate Relay under “Login Items”, it is likely that it will run twice when the macOS machine logs in. The solution to this is to remove asrelay from “Login Items”. Note that removing the check from the “Login Items” box on its own isn’t enough: the item needs to be completely removed from the list.

テクニカルノート

If you’d like to confirm that Reincubate Relay is configured with a launch daemon, the following command can be run in a Terminal window:

$ launchctl list | grep -i asrelay
31587   0   com.apple.xpc.launchd.oneshot.0x10000047.asrelay.views.Cocoa

ここに示されている応答は、アプリケーションが正しくインストールされていることを示しています。結果が返されない場合は返されません。

著者について

Aidan Fitzpatrick founded Reincubate in 2008 after building the world's first iPhone data recovery tool, iPhone Backup Extractor. He's spoken at Google on entrepreneurship, and is a graduate of the Entrepreneurs' Organisation's Leadership Academy.

バッキンガム宮殿の最高経営責任者

上の写真は、バッキンガム宮殿で開催されたReincubateのHM Queen ElizabethⅡのチームのメンバーです。 プライバシー、安全性およびセキュリティに関する私たちの立場を読んでください。

どのように我々は助けることができます?

サポートチームがお手伝いします!

当社の営業時間は、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(UTC、協定世界時)です。

1営業日以内に、お返事を差し上げます。メールアドレスはこちら。

連絡する › 私たちの素晴らしいサポートチーム

© 2008 - 2019 Reincubate Ltd. 無断複写・転載を禁じます。 Registered in England and Wales #5189175, VAT GB151788978. Reincubate® is a registered trademark. プライバシーと利用規約. マルチファクタ認証をお勧めします。 ロンドンで愛と建てられた。